むち打ち治療

むち打ちとは?

むち打ちとは?のイメージ

むち打ち症とは、交通事故等により、激しく頭部が動かされた結果、頸部などに痛みや違和感等の障害が発生する症状をいいます。

正式な傷病名は、「外傷性頸部症候群」・「頸椎捻挫」などとも呼ばれており、様々な症状(頭痛、めまい、はき気、手先のしびれ)を引き起こします。

交通事故では、特に追突や衝突によるケースが多く、その他、労働災害やスポーツ(ラグビー、フットボール、サーカー)等によるケースもあります。

むち打ちは自覚症状が軽くても油断せず、早めに適切な施術を受けることが大切です。

むち打ちの分類

むち打ちの治療

損傷や炎症の悪化を防ぐために、固定やアイシング、日常生活の負担改善を行います。
固定は長すぎると筋委縮や関節が固まってしまうので、注意が必要です。
むちうち初期に正しく、固定とアイシングを行うことが、むちうちの予後に最も大きく影響します。

消炎鎮痛剤や筋弛緩薬、向精神薬、抗うつ薬などが、症状に合わせて用いられます。

痛みが強い場合や自律神経障害などに適応されます。血流改善や痛みの悪循環を断つために行います。

むちうち症の場合、まだ完治していない組織を過剰に動かすことは非常に危険なことです。
急性期の牽引は逆に痛みが増すケースもあり、温熱療法、電気療法もむちうち初期には刺激の強さに注意が必要です。

痛みの少ない程度に、ストレッチや筋力トレーニングを行います。それにより、筋肉や関節が固まるのを防ぎます。

緊張している筋肉に鍼を刺し、その鍼に電気を流すことで筋肉の緊張を緩和します。早期に改善させるには有効な治療方法です。

むち打ち症の初期段階では、症状が重い場合は弱い刺激で治療をしていきます。症状が安定してきたら、心地よい程度の刺激で治療するのが安全で効果的です。もみすぎや過度の刺激は逆効果になってしまうケースが多いです。

現在の日本では公に認められていない治療方法です。関節に対する刺激が強すぎるため、後遺症がでやすく、長期的な治療になるなど、むち打ち症の治療には、適していないかもしれません。

むち打ち症の場合は、手技適応となるケースは希です。

大きな地図で見る

各務原市鵜沼羽場2-162-3

058-385-6246

受付時間
午前 8:30~12:00 / 午後15:30~20:00
土曜午後のみ 14:00~17:00となります。

詳しいアクセス情報はこちら
大きな地図で見る

各務原市鵜沼各務原町2-154-2

058-385-5649

受付時間
午前 8:30~12:00 / 午後15:30~20:00
土曜午後のみ 14:00~17:00となります。

詳しいアクセス情報はこちら

各務原市鵜沼羽場2-162-3

080-3930-1863

受付時間
9:30~18:00
土曜のみ 9:30~12:00となります。

詳しいアクセス情報はこちら