症状と治療

患者様の病態を正確に把握して柔道整復術を施すための心構え。 1損傷の発生機序を明らかにする。(問診の徹底) 2組織損傷の業務範囲内外を正確に鑑別して対処する。 3正確な評価と指導管理を行う。(診断) 4疼痛への配慮を十分に行う。 5病態の解りやすい丁寧な説明を行い、患者様が積極的に治療に参加できるように配慮する。

柔道整復術の手順は、患者様の主訴を聞き、全身観察し、次いで局所の観察をし、各種検査を行い、それから結果を総合的に評価診断し、傷病名をつけて予後を判断し、患者様に病態を丁寧で解りやすい説明をし、理解を得たのち治療方針を決定し、患者様一人一人(only one power)に合った施術を行います。

骨折

脱臼

筋損傷

腱損傷

軟部組織損傷

頚部捻挫

頸椎捻挫 (むち打ち)

胸郭出口症候群

頸椎後縦靭帯骨化症

肩関節周囲炎/五十肩

上腕二頭筋断裂

スポーツ障害

肩腱板損傷/腱板断裂

スポーツによる腱板損傷

上腕骨近位骨端線離解/リトルリーガーズショルダー

上腕骨外側上顆炎/テニス肘

関節遊離体/関節ねずみ

離断性骨軟骨炎

肘内障

腱鞘炎と腱断裂/ばね指・弾発指

腱鞘炎と腱断裂/ド・ケルバン病

槌指 マレットフィンガー

デュピイトラン拘縮

手根管症候群

腰痛(腰部の軟部組織障害)

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎分離症

腰椎(分離)すべり症

坐骨神経痛・梨状筋症候群

前十字靭帯損傷

膝半月板損傷

膝蓋腱炎・ジャンパー膝

鵞足炎

下腿疲労骨折

骨過労性骨膜炎・シンスプリント

アキレス腱断裂

アキレス腱周囲炎

外側靭帯損傷

オズグッド・シュラッター病

足根管症候群

変形性関節症 (OA)

ガングリオン

骨粗鬆症

関節リウマチ

痛風

静脈瘤

末梢動脈疾患

深部静脈血栓症(エコノミー症候群)

大きな地図で見る

各務原市鵜沼羽場2-162-3

058-385-6246

受付時間
午前 8:30~12:00 / 午後15:30~20:00
土曜午後のみ 14:00~17:00となります。

詳しいアクセス情報はこちら
大きな地図で見る

各務原市鵜沼各務原町2-154-2

058-385-5649

受付時間
午前 8:30~12:00 / 午後15:30~20:00
土曜午後のみ 14:00~17:00となります。

詳しいアクセス情報はこちら

各務原市鵜沼羽場2-162-3

080-3930-1863

受付時間
9:30~18:00
土曜のみ 9:30~12:00となります。

詳しいアクセス情報はこちら